公開履歴
黄色の錠剤と葉と瓶

日本で正規に販売されている医薬品は、厚生労働省の認可を受けていて、効能や安全性が確認されています。
しかし国が医薬品を認可するスピードは遅く、海外ではすでに有効性の認められている薬が、日本では使用できないこともよくあります。
また認可された医薬品でも、純正品のバイアグラは価格が高すぎるため、海外で製造されたジェネリック医薬品を輸入する場合もあります。
ED治療薬の代表的な例としてはバイアグラ、カマグラまたはカマグラゴールドやカベルタなどが知られています。
このようなときに業者が輸入して販売すれば違法になるので、多くは個人輸入の形を取ります。
もちろん自分自身で使うために輸入するなら、違法にはなりません。
日本で認可されていない薬は、海外サイトなどを探せば簡単に見つけることができます。
最近では個人輸入の代行業者が輸入サービスを提供しています。
代行業者を使った場合は、商品が届かなかったり返金に応じてくれなかったりするトラブルも発生しています。
輸入代行業者を介せずもっと安く済ませるために自分で全てどうにかしたいと考える人もいるでしょう。
国内で買い物をするのとは違い、海外との取引には手続き上面倒なことがあります。
ですが、こういったことは一度クリアしてしまえば後は同じような手順で取り引きが行えますので、最初は大変でもくじけずに続けることが大切です。
ただし個人輸入には、いくつかのリスクも存在します。
まず安全性が確認されていないため、副作用などの問題が発生したとしても、誰かの責任にはできません。
また効果のない偽造品を売りつけられる可能性もあります。
ネット販売では事前に現物を確かめられないため、購入には慎重を要します。

通販や個人輸入でバイアグラを購入してから到着まで

購入時には受け取りの際にどのような手続きが必要になるのかを確認するようにしましょう。
海外からの荷物を受け取るまでの流れについては、受け取る荷物に税金がかかるか、かからないかなど輸入方法によっても手続きが異なります。
個人輸入の場合は購入金額によっては課税対象となるため、注意が必要です。
関税にて課税されてしまった場合は商品配達時に支払うことになると思います。
郵送先は基本的に自宅を指定してください。
医薬品の個人輸入は注文者個人で使用することが原則として認められているため、職場など自宅ではない場合は薬事法に抵触する可能性があります。
国際宅配便で輸入した場合と一般貨物で輸入した場合では書類申請や運送料などが発生する場合があるので、前もって料金を確認してください。
一方インターネットにある医薬品販売サイトでバイアグラを購入した場合に、一定の金額を購入した場合は送料無料などのサービスがあります。
バイアグラを通販で購入して入金完了すると、商品到着までシンガポールからの発送の場合は1週間から10日前後でしょう。
またはインド発送の場合は14日から20日前後と考えられます。
しかし、発送国のストライキや政治紛争、国際事情の悪化などで予定以上の日数がかかる可能性があります。

ED治療薬を使用する際の注意点

かつてバイアグラと同じ成分を含む(シルデナフィルクエン酸)薬剤を使用した際に、アレルギー症状が発生した方は使用しないでください。
心血管系の障害や脳血管障害などを発症している方は使用を控えてください。
網膜色素変性症の場合、網膜細胞にバイアグラが作用することで症状の悪化を招く可能性があります。
肝障害や腎障害がある場合は、血中濃度の上昇により強い作用が起こる可能性があります。
副作用としてめまいや視覚障害が起こることがあります。
運転などの行動は注意が必要です。またはほかの人に代わりに行ってもらいましょう。
薬には併用禁忌と併用注意薬があります。

併用禁忌薬

ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビドなどは窒素を含んでおり、血圧の低下を引き起こす可能性があります。
アミオダロンは抗不整脈の1つで、バイアグラなどと併用することで効果が強くなり徐脈や心不全になる場合があります。
リオシグアトは肺高血圧症に効果のある薬剤で、バイアグラなどのED治療薬と同様の作用を持ちます。
そのため併用すると、低血圧を引き起こす可能性があります。

併用注意薬

他のED治療薬(ジェネリック薬品も含む)との併用による安全性は立証されていません。
リトナビル・シメチジン・エリストロマイシンなどは、バイアグラの代謝酵素を阻害して血中濃度が上昇する可能性があるので注意が必要です。
心不全の治療薬である、カルペリチドには血管拡張や利尿作用があり、バイアグラの血管拡張作用と重なるので降圧作用が強くなる可能性があります。